FAQ / 質疑応答集

Q1 : 設計事務所って何をするところですか?

主に建物を設計して、工事監理をするところです。
設計とは下記のようなことを言います。

  • ・お施主様と打ち合わせをして建物のイメージを作る
  • ・予算の検討
  • ・設計図面の作成
  • ・建築する為の法的手続き

工事監理とは下記のようなことを言います。

  • ・施行業者の選定
  • ・見積もりのチェック
  • ・建築工事が設計図通りになされているかの確認・指導
  • ・スケジュール通りに工事が進んでいるかの確認・指導

詳 細

建築設計の専門家。『せっかく建てる家だから、自分のアイデアを盛り込んだ自分だけのオリジナルな家造りをしたい』と思われる方向けです。一般的に家造りは、ハウスメーカーか工務店へ頼むものだと思っている方が多いと思います。また「設計事務所は工務店の下請けをする所ではないんじゃないの」とか、「頼むにしても敷居が高い」と思っている方もおられるでしょう。
しかし、それはあえて言うなら間違いです。建物を建てるには必ずそれが形になるよう描く人が必要です。その建物の構想を練り、図面を描いているのが設計者です。設計事務所はそういう設計者の集まりで、ハウスメーカーや工務店の枠組みにとらわれず自由にさまざまな設計を行っているところです。また建築は総合技術といわれますが、設計事務所の多くは建築家としてお施主様と関わり、より良い建物をお施主様とともに作り、作品として残したいと思っている芸術家集団でもあります。ただそこに法律という芸術とは相反する要素が加わってくるので、誰でも出来るというものではなくなり、その特殊性がいっそう増しているのです。そういわれても、設計事務所はモデルハウスなど持たないところがほとんどで、いったいどんなものを建ててくれるのかまったく見当が付かない不安があるでしょう。たいていの設計事務所は、自分の事務所の作品集を持っています。先ずそれを見てもらい、自分の建てたい家とイメージが合うものがあるか見るのも良いでしょう。また、出来た家のオープンハウスなどを行っているところもあるので、タイミングが合えばそれを見ることも出来ます。
自分好みの愛着の沸く、素敵な家造りをしたいなら、設計事務所に設計してもらうのがお勧めです。

Q2 : 誰と打合せして、どこが建てるのですか?

家造りに関しての打合せは、直接設計者と行います。
自分がどういう家をいくらぐらいで建てたいのか伝え、それが設計者が形にしていくスタイルです。ハウスメーカーと違い、ゼロから形にしていきます。使用材料や住器、その他設備、構造方法もすべて自由に決める事ができます。これは、ハウスメーカーや工務店などとのシガラミが無いからです。

さて、設計事務所は設計する所で、建築工事はどうするの?という事になりますが、多くは入札または設計事務所の推薦で1社の工務店を指名するなどして決めます。入札の場合、実績のある工務店を数社ピックアップし、競争入札してもらいます。出てきた金額も含め、一番任せられると思う工務店に工事を依頼する事になります。
実は設計事務所は、設計だけが仕事ではありません。入札を取り仕切り、見積りをチェックし、お施主様と共に施工者を定め、工事が始まると設計図通りに工事がなされているか現場の管理を行います。ここもハウスメーカーや工務店に依頼する場合と決定的に違うひとつで、建築会社とはまた別の目で正しい工事がなされているかをチェックできるメリットがあります。これが家を建てる人にとって大きな安心へとつながります。
そして工事を完成させ、引渡しに立ち会います。

Q3 : 価格はどのぐらいですか?

設計監理料は国土交通省の告示第15号で算定する事ができますが、その場合かなりの金額になる為、実際は告示で定めるとおりの金額をもらっている事務所は少なく、一般的には建設工事費の10%前後としている所が多いようです。また、建築工事費は、お施主様に代わり設計者が見積価格を精査するため、適正価格で工事額を決めることが出来ます。入札した場合は、その目的から工務店を始めから1社に絞り、見積もりをする場合よりも安くで建てられる事が多いのです。設計事務所が設計する家は高くつくのではと思われがちですが、お施主様の要望と予算に見合った自由な設計が可能という点からは、ハウスメーカーや工務店に設計してもらって建てるより、適正価格で、より良い家造りが出来るといえるでしょう。

Q4 : 設計事務所の設計は工務店やハウスメーカーとの設計と何が違うのですか?

建築はよく総合芸術といわれます。設計事務所をされている方の多くは「自分達は建築家でありその手から生まれるものは作品である」と考えているはずです。私もその1人です。なので設計させていただく建物は皆自分が精魂込めて作った大切な作品なのです。
人のお金を使って作品を作るのか?と思われがちですが、良く考えてみて下さい。建築家が作品と呼べるほど魂を注いだ家に住むのと、そうではない商魂が込められた家、どちらに住みたいですか?きっと住まわれる方の満足度は格段に違うはずです。

Q5 : 設計事務所に頼んだ場合、建物の保証関係に不安があるのですが?

弊社は建築家賠償責任保険に加入しています。(設計事務所によってはこの保険に加入していないところもあります。)通常、綿密な打合せや現場管理によって建設が進められていきますので、基本的に起こりえない事ですが、万一明らかに設計の不備で建物に不具合が生じた場合はこの保険を使用する事が出来ます。しかし、弊社は設立以来この保険を使用した事はありません。また、居住用の建物の場合、建設会社は住宅瑕疵担保執行法によって、建設した建物の瑕疵への対応として10年間保険を掛ける事が義務付けられています。よって、設計事務所が設計した建物であっても保証は問題なくさせて頂きますのでご安心下さい。(建築中には、建築会社の自主検査・設計事務所の検査・第三者機関(保険会社)の検査があり、3つの目で検査を行う事になります)

Q6 : 設計事務所は敷居が高く感じ、依頼しにくいイメージがあるのですが?

中には、デザインや建築家のブランドイメージを重視するあまり、実際に近寄り難い雰囲気の設計事務所もあるかもしれません。しかし、私たちにはそのようは垣根は不要と思っています。先ずは信頼関係を築く事が一番です。真剣に建物について考えてくれる相談相手として、お気軽にお声掛け下さい。

Q7 : 設計事務所に依頼すると、建築家の言われた通りにしないと行けない気がするのですが?

残念な事にそういうイメージをもたれがちですが、建築家は自己満足の世界に終わってはいけないと思っています。私達はお施主様が本当に何を求められているのか、しっかりヒアリングを重ねることが大事だと思っています。そうして、お施主様の思いと私たちのデザインを融合する事で、素晴らしい建物が出来ると信じています。少なくとも、私たちSYN空間計画はそういう設計事務所です。安心してご相談下さい。

Q8 : 設計費用はどれくらい掛かるのですか?

設計料に関しては料金についてをご覧下さい。

Q9 : 設計事務所に頼むと工事費が高くつくのでは?

世界にひとつの家造りなので、ハウスメーカーなどのように大量発注は出来ませんのでその分高くつくところもあると思いますが、全体で見るとそういうことはありません。やはり、何を望むかで工事費は変わります。
見積もりは工務店さんに一つ一つ材料を払い出す、積み上げ方式で出して頂きますので、材料の価格が明確で金額の調整がし易くなります。

Q10: 設計期間はどれくらい掛かるのですか?

建物の用途や規模、こだわり方等によって様々ですが、スムーズに進んだ場合30~40坪の木造住宅であれば、4~6ヶ月ぐらいを目安とされてください。工事期間は概ね5~6ヶ月ぐらいです。

Q11 : 遠方でもお願いできますか?

遠方でもさせて頂きます。ただし、当事務所から車で2時間を超える所は交通費をお願いしております。

Q12 : 設計だけでもお願いできますか?

設計だけでもお受けいたしますが、お勧めできません。

過去にそのような形でさせて頂いた事もありますが、工事が終わって見に行くと必ずと言って良いほど、イメージとは違った建物になっています。それでもお施主様が喜んでくださっているので良いのですが、本当ならもっと喜んでもらえたのにと残念な思いをした事があります。工事監理とは、お施主様や設計者の意図を施工者に正確に伝えるという役割も持っています。
多くの方が一生に一度建てる家ですので、よりよい物にする為に監理まで任せていただきたいと思います。

Q13 : リフォームや増築、店舗などの内装設計もするのですか?

もちろんさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

Q14 : 建てる土地も決まってないのですが、その段階から相談に応じてもらえるのですか?

もちろんご相談に応じます。

ご希望の建物を建築するのにどのような土地がお勧めか、プロの立場からアドバイスさせて頂きます。(特に遠方で無い限りは費用は発生しません。)
土地が決まってない場合は、弊社のネットワークを通して土地探しのお手伝いもさせて頂きます。

Q15 : 設計した建物を見学できますか?

住宅であれば竣工したときにオープンハウスをさせて頂いてますので、そのタイミングでしたら見学可能です。

※入居済みの建物は度々の見学となるとオーナーのご迷惑となりますので、外観のみの見学とさせて頂いております。

Q16 : 親戚や知人に建築会社の人がいるので、そこに施行をお願いしたいのですが?

依頼される建築会社が私たちが作成する図面の意図を十分理解し、現場に反映させる技術力をお持ちでしたら問題はありません。ただし、お施主様とある意味親しい関係にある方の場合注意が必要です。こうした方が良いだろうとお施主様の為を思って勝手に図面と違う施行をされてしまっては問題です。近い関係にある分、言いたい事がいえない!という事態に陥りがちです。

Q17 : 材料の指定や、専門業者の指定は出来ますか?

もちろん出来ます。

私達はお施主様の思いや様々なアイデアを取り込んで、楽しい建物造りをしたいと考えています。その分完成した建物に愛着も沸きますし、大切に使っていただくことにも繋がってくると思います。ただし、お施主様支給品の使用については、メリットもあればデメリットもありますので綿密な打合せの上、決めていったほうが良いでしょう。

Q18 : 自然材料を使った『健康配慮型住宅』や『バリアフリー住宅』は出来ますか?

はい。出来ます。

アレルギー体質の方や、高齢者や身体不自由な方の家造りもさせて頂いておりますので、安心してご依頼下さい。

Q19 : 『外断熱住宅』や『高気密高断熱住宅』は設計できますか?

はい。出来ます。

実際に外断熱や高気密工断熱住宅の設計実績もありますし、常に技術の研鑽もしています。また、それぞれの工法のメリット、デメリットもありますので設計の前にそのご説明もしっかりとさせて頂いております。

Q20 : 太陽光発電などの再生可能エネルギーを取り入れた『住宅(エコハウス)』はできますか?

はい。出来ます。

今やエネルギーや地球温暖化は人類にとっての大きな課題です。私たちの力は微々たるものですが、それでも何かしたいという想いがあります。私たちは太陽光発電住宅を始め、共同住宅や高齢者施設まで幅広く導入させて頂いています。
また、次世代の空調機になると期待される『光冷暖房システム』(省エネかつ健康配慮型の空調機)も導入可能です。
私たちは世界ではじめてこのシステムを取り入れた住宅を設計させて頂きました。

Q21 : 木造以外にも、鉄筋コンクリートや鉄骨造の建物はできますか?

はい。出来ます。

様々な構造に対応しています。いったいどんな工法が良いか分からないという方は、建物に関するイメージや希望を教えてください。どのような工法がお勧めかアドバイスをさせて頂きます。

Q22: 土地がまだ決まってないのですが、土地探しはどのようにしたら良いでしょうか。

家を建てたいけど、希望に合う土地が見つからないという方には、私たちの不動産ネットワークを通して土地探しのお手伝いをしています。

また、土地探しは家を建てる上でかなり重要なポイントです。通勤、通学、生活に便利。または安い土地だからと言って買ってしまうと、造成や建築に思わぬ費用が掛かったり、法的制約を受けて思ったように建てられない!という事にもなりかねません。
そのような事が無いように私たちはお施主様が土地を購入する前に、その土地に希望するような家を建てることが出来るかどうかアドバイスさせて頂く事が出来ます。

Q23: 家を建てる費用の返済プラン等資金計画を相談したいのですが?

家を建てたい方が皆、資金が潤沢にあるとは限りません。
家を建てるのにどれくらいの費用が掛かるのか?自分たちはいったいどれくらいの借り入れができ入れができるのか?月々の返済額はいくらになるのか?家を建てた後の生活はどうなるのか等々、家を建てる際の資金計画をファイナンシャルプランナーに無料にてさせて頂き、不安の無い家造りのお手伝いをさせて頂きます。