PRAICE / 料 金

設計監理料について
   設計とは、お施主様と打合せを行い、建物のイメージを作り、実際に建築する為の図面
   (実施設計図・設計図書)を作成する事を言います。
   この中には、建築をするにあったっての各種手続き(建築確認申請など)も含まれています。
   監理とは、設計図書通りに工事がなされているかどうか、また工程通りに工事が進んでいるか
   などを確認指導する業務を言います。
   法的義務のある中間検査や完了検査の申請、及び立会いもその一つです。
   また、建設会社を選定し見積りチェックなどを行い、お施主様が安心して建設会社と工事契約
   が出来るようにサポートを行います。
   下記の料金はその設計・監理に掛かる費用ですが、ご相談には応じさせて頂きます。

戸建住宅の場合
   工事費の10%を目安としてください。
   その他構造計算が必要な特殊な木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の場合は
   別途構造計算費用が掛かります。(構造設計費用は建物形態により変わりますが
   概ね設計監理料の10~20%が目安です。)


共同住宅(賃貸)の場合
   工事費の6%を目安として下さい。(設備設計料を除く)

専用住宅、共同住宅(賃貸)以外の場合
   設計監理料につきましては、用途や構造により変わりますので別途ご相談下さい。

その他別途に掛かる費用
  ・敷地の造成が必要な場合の擁壁等の構造設計料
  ・交通費(県外の場合のみ)
  ・各種申請手数料
     建築物を建てる際には役所等の審査機関に申請を行います。その時に支払う料金です。
     手数料については、審査機関により違いがあります。参考として日本ERIのHPをご覧下さい。

設計監理料お支払時期(住宅の場合)

プランニング着手時 5万円(契約成立時には設計契約時の費用に充当致します。)
設計契約時 設計監理料の30%
実施設計完了時 設計監理料の40%
上棟時(工事中間時) 設計監理料の15%
お渡し時 設計管理料の15%

お問い合わせはコチラから